家を売るタイミングはどんな観点で計るべき?注意点も解説!

2022-03-17

家を売るタイミングはどんな観点で計るべき?注意点も解説!

家を売るとき、タイミング次第で売却価格が変わることをご存じでしょうか。
売却価格が変わるなら、高いときを狙って売りたいものですよね。
そこで、家を売るタイミングを多角的観点で計る方法と、注意点について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

家を売るタイミングを多角的観点で計る方法とは

家を売るタイミングは、以下の6つの観点で計ると良いでしょう。

  • 市況や社会情勢、相場の動向
  • 家の築年数
  • 売却で得た譲渡所得にかかる税率
  • 住宅ローンの金利
  • 季節
  • ライフスタイル

不動産価格は常に一定ではなく、上下しています。
不動産価格が下落している状況ならば、可能な限り早く売ったほうが良いでしょう。
しかし反対に上昇している状況であれば、遅めに売ったほうが高い価格での売却が可能です。
また戸建ての場合、築15年まで価格が年々大きく下がるため、早めに売却をおこなうと良いでしょう。
家を売ったときの譲渡所得にかかる税率も、所有年数が5年を境に変わります。
また、季節も関係しており、高く売るためには1年のなかでも、とくに3月が適しています。
このように以上6つの観点でタイミングを計りますと、より有利な状況での売却が可能です。
北九州市で売却を検討中の方も、この6つからタイミングを計ってみることをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家を売るタイミングにおける注意点

家を売るタイミングを計るとき、念頭に置いておきたい注意点があります。

  • 売却には時間がかかる(3か月から6か月)
  • 相続した家は売る前に『相続登記』が必要
  • 金銭問題が理由による売却では早めに動くことが大切

家を売るとき、実際に売り出し始めるまで1週間ほどかかります。
また、成約まで一般的に3~6か月、なかには1年以上かかる場合もあります。
そのため時間がかかることを念頭に置いて、売る時期を考える必要があるのです。
さらに親から相続した家を売る場合は、『相続登記』を済ませてからでないと取引ができません。
相続をおこなったら早めに『相続登記』しておきましょう。
また、家を売る理由にはさまざまありますが、金銭問題が理由の場合はなるべく早く売却に向けて動き始めることが大切です。
なぜなら、金銭問題を放置していますと、家を競売によって相場より安く売らざるを得なくなるためです。
以上の注意点を考慮して、家を売るタイミングを考えましょう。
売るタイミングは、多角的な観点で見る必要があるため、見落とす場合もあります。
もし、福岡県北九州市で家を売るタイミングがわからない場合は、不動産のプロである弊社にご相談ください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

家を売るタイミングを計る観点と、注意点について解説しました。
損をしないためにも家を売るタイミングは、市況や税金などさまざまなポイントから考える必要があります。
慎重に検討して、より良いタイミングで売却をおこないたいですね。
「不動産のスムスム (有)ナガイ」は福岡県北九州市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

093-616-7826

営業時間
09:00~18:00(時間外でも対応します)
定休日
水曜日(定休日でも対応します)

売却査定

お問い合わせ