不動産売却をする際の注意点とは?相続した不動産の場合どうなる?

2022-01-18

不動産売却をする際の注意点とは?相続した不動産の場合どうなる?

相続によって所有した不動産を売却したいと考える方は少なくないでしょう。
その際には、不動産会社と結ぶ契約の種類や注意点などを把握しておく必要があります。
そこで今回は、相続した不動産を売却する際の注意点と、媒介契約の種類について解説します。
福岡県北九州市で、相続による不動産売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

相続による不動産売却時の注意点とは?

相続した不動産を売却する際には、相続人が1人の場合と複数人の場合で売却手順が異なります。

不動産を1人で相続する場合

売却を検討している不動産を、1人で相続するケースは「単独相続」と「現物分割」の2つに分けられます。
単独相続は1人で住宅・土地・預貯金などすべての遺産を相続することです。
一方、現物分割とは、住宅・土地・預貯金などを複数人で分けて相続することです。
その際、不動産を1人が相続すれば、相続後の不動産の所有者は1人になります。
相続人が複数いる場合は、まずすべての相続人で話し合いをし、誰が不動産を相続するのかを決定します。
決定後、所有権を変更するために相続登記手続きをしたあとは、所有者1人の決定で不動産売却をおこなうことができます。

複数人で相続する場合

相続人が複数いる場合は「換価分割」をおこなうことになります。
換価分割とは、相続した不動産を売却したあとに現金に換えて分割することです。
その際の流れは、相続人で話し合ってから相続登記手続きをおこない、不動産売却をしてその現金を分割します。
また、不動産売却にかかる税金には登録免許税や譲渡所得税、住民税などがあり、かかる場合とかからない場合があるので、しっかり把握しておきましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の注意点を解説!契約の種類や離婚時の売却で気を付けることとは

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の注意点とは?媒介契約の種類について

不動産売却をする際は、不動産会社に仲介してもらい買主を探してもらう「仲介」と、不動産会社に直接買い取ってもらう「買取」があります。
買取の場合は、条件に納得できればすぐ売却できるので、早急に売却したい方にはおすすめです。
反対に、時間に余裕があり、より良い条件で売却したい場合には、仲介を選択すると良いでしょう。
また、仲介にて売却する場合には不動産会社と媒介契約を結ぶことになりますが、媒介契約には以下の3種類があります。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

専属専任媒介契約と専任媒介契約では、レインズへの登録や販売活動の報告義務があるので、積極的に活動してもらいやすく、販売状況も把握しやすいです。
したがって、買い手を見つけにくい古い物件などに向いた契約といえるでしょう。
反対に一般媒介契約は、レインズへの登録や販売活動の報告義務はありませんが、複数の会社に依頼できるので、人気のある物件などには向いているでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の注意点を解説!契約の種類や離婚時の売却で気を付けることとは

まとめ

相続による不動産売却では、相続する人数や契約方法によって注意点がいくつかあります。
注意点をしっかり把握して、自分に合った方法で不動産売却をすることでスムーズな売却ができるでしょう。
「不動産のスムスム (有)ナガイ」は福岡県北九州市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

093-616-7826

営業時間
09:00~18:00(時間外でも対応します)
定休日
水曜日(定休日でも対応します)

売却査定

お問い合わせ