自宅の「不動産売却」を近所に気付かれずに進める方法とは?

2022-01-11

自宅の「不動産売却」を近所に気付かれずに進める方法とは?

マンションなどの自宅を近所や周囲に気付かれずに不動産売却するには、どのような進め方があるのでしょうか。
それには、媒介契約や売却活動の選択も、カギとなってきます。
この記事を読んでいただくと、できるだけ秘密にしながら進めるコツとともに、短期で売る方法もわかりますよ。

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却するための「媒介契約」の選び方

近所に気付かれずに売却活動をはじめるには、まず不動産会社に売却のための仲介を依頼する「媒介契約」を結ぶことが必要です。
媒介契約に至る流れは、「売却の相談」と「査定」ですが、この段階で不動産会社には気付かれずに売りたいという希望や事情も伝えておきましょう。
媒介契約の段階に入ると、次の3種類から選択します。
「一般媒介」は複数会社と契約でき、自分で見つけた買い手との取引も可能な媒介契約です。
「専任媒介」は1社との契約で、自分で見つけた買い手との取引も可能です。
「専属専任媒介」も1社との契約で、自分で見つけた買い手との取引はできませんが、もっともこまめな状況報告が受けられます。
気付かれずに売却するには、不動産会社間で物件情報を共有するシステム「レインズ」への登録義務がない一般媒介契約で、登録をしないように依頼すれば情報が漏れにくいと考えられます。
しかし、専任媒介と専属専任媒介の良いところは1社との契約で手厚い対応を期待できるところです。
気付かれないことを優先するのか、売却を優先するのかよく考えましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却に際してかかる費用の種類とは?計算方法もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却する「3つの売却活動」

気付かれずに不動産売却するには、媒介契約の選択のほか、売却活動の進め方も検討したい点です。
ひとつの方法は「個人間売買」で、広告を使わず、買主を自分で見つけるという売却活動です。
とはいえ、不動産売却は専門性の高い取引であることや、自分で買主を探すことなど、ハードルが高い方法になります。
その点をクリアするのが「仲介」です。
自分にあった媒介契約を選択したうえで、売却活動で広告を控えることや、できるだけ近隣に気付かれずに出入りするなど、不動産会社と協力しながら売却を進める方法です。
さらに、有効なのが「買取」です。
契約と決済までがスピーディーで、内覧をする必要もなく、気付かれずに進められる可能性が高いでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産売却に際してかかる費用の種類とは?計算方法もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却するには期間はどれくらいかかる?

不動産売却にかかる期間は、半年ほどが一般的な目安です。
最初の不動産査定から媒介契約までが1週間から4週間ほど。
売却活動から交渉、売買契約に3か月ほど。
そこから引き渡しまでが、1か月から2か月ほどです。
気付かれずに進めるときは、早く不動産売却するための広告などが制限されるため、期間がかかる可能性もあります。
一方、買取は、気付かれずに売却までスムーズです。
周囲に気付かれずに北九州市の自宅を短期間で手放したいときは弊社にご相談ください。

こちらの記事も読まれています|不動産売却に際してかかる費用の種類とは?計算方法もご紹介!

まとめ

気付かれずに不動産売却する進め方を解説しました。
「不動産のスムスム (有)ナガイ」は福岡県北九州市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

093-616-7826

営業時間
09:00~18:00(時間外でも対応します)
定休日
水曜日(定休日でも対応します)

売却査定

お問い合わせ