不動産売却の注意点を解説!契約の種類や離婚時の売却で気を付けることとは

2021-11-23

不動産売却の注意点を解説!契約の種類や離婚時の売却で気を付けることとは

不動産売却の際には、覚えておきたいいくつかの注意点があります。
それは、媒介契約や売却方法には複数の選択肢があり、それぞれの違いを理解したうえで売却を進めるべきということです。
また、離婚にともなう不動産売却の際にも、通常の売却とは違う点に注意しなくてはいけません。
そこで今回は、不動産売却におけるさまざまな注意点について解説していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における注意点とは?まずは媒介契約と売却方法の種類を知ろう

不動産売却をするなら、多くの方は不動産会社に仲介業務を依頼するための媒介契約を結ぶことになります。
媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、一般媒介では複数社と契約を結べるのに対し、専任媒介では1社としか契約が結べません。
その他にも「契約の有効期限」「売却活動の報告義務の有無」など種類ごとに内容が異なりますが、一般的には「時間をかけてでも高く売りたい」という方には一般媒介が、「価格よりもスピード重視」という方には専任媒介が向いているとされています。
不動産売却の際には、それぞれの特徴を理解したうえで自分の希望に合ったものを選ぶようにしましょう。
また、不動産会社に購入者探しを委託する「仲介」とは別に、不動産会社が直接不動産を買い取る「買取」という方法もあります。
購入者を探す必要がないため短期間で不動産売却が完了する点がメリットですが、仲介による売却よりも価格が1割から3割ほど安くなってしまうというデメリットもあるので注意しましょう。

この記事も読まれています|不動産売却に際してかかる費用の種類とは?計算方法もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

離婚に伴う不動産売却で覚えておきたい注意点

離婚をする際、婚姻後に購入した不動産があれば財産分与の対象になります。
これは、収入の額などに関係なく、基本的には平等に分配されるものです。
不動産売却で現金化してから分配する方法もあれば、もしどちらかが住み続けるのであれば評価額の半分を相手に支払います。
また、不動産の名義が相手にある場合、勝手に売却活動を進めることはできません。
共有名義になっている場合も相手の同意がなければ不動産売却はできませんが、自分の持分割合だけを不動産会社に売却することは可能です。
合意のもとで不動産を売却するのであれば、細かな連絡が取りやすい離婚前に済ませておくことをおすすめします。
その際の注意点としては、財産分与は離婚届の提出後が良いということです。
婚姻中に財産をわけると贈与税の対象になってしまう可能性があるので注意しましょう。

この記事も読まれています|不動産売却に際してかかる費用の種類とは?計算方法もご紹介!

まとめ

不動産売却は人生で何度も経験することではありませんが、知識のないままで進めてしまうと思わぬ損害やトラブルにつながることがあります。
とくに、離婚に伴う不動産売却では一般的なケースと注意点が異なるので、慎重に進めましょう。
「不動産のスムスム (有)ナガイ」は福岡県北九州市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

093-616-7826

営業時間
09:00~18:00(時間外でも対応します)
定休日
水曜日(定休日でも対応します)

売却査定

お問い合わせ