不動産がなかなか売れない原因と売るためのポイントとは?

2021-12-13

不動産がなかなか売れない原因と売るためのポイントとは?

不動産の売却には、通常2~3か月かかるといわれています。
もし半年以上売れない場合は、原因を探して対策を立てたほうが良いかもしれません。
そこで今回は、戸畑区などの北九州で不動産の売却をお考えの方に向けて、不動産が売れない原因と改善案、売るためのポイントなどをご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産がなかなか売れないときに考えられる原因とは?

「売りに出している不動産の買い手が見つからない」とお悩みの方もいるでしょう。
その際は、なにか原因があるのかもしれません。
考えられるのは、「価格」「立地」「物件」に問題があることです。
まず、価格設定が適正ではない可能性があります。
「なるべく高く売りたい」と思っても、周辺の相場よりも値段を高くしてしまうと、なかなか買い手は見つかりません。
次に、「駅から遠い」など利便性があまり高くない立地も、売れない原因になることがあります。
そして「購入希望者は内見に来るけれど、売却につながらない」などの場合は、物件に原因があると考えられます。


\お気軽にご相談ください!/

不動産がなかなか売れないときに有効な改善案とは?

原因がわかったら、次に改善案を実行しましょう。
まず価格設定では、周辺の相場も参考にしながら見直してみましょう。
相場に沿って設定しているのに売れないときは、思い切って値下げをすると、効果があるかもしれません。
その際は、「この金額以下にはしない」とのラインを決めておくと良いでしょう。
立地に原因がある場合は改善が難しいため、他の魅力をアピールすることがおすすめです。
たとえば、駅から遠いことがネックなら、「バスの便が良い」「周辺に買い物施設が充実している」などをアピールしてみましょう。
そして、物件の内見があっても売却につながらないときは、気になる汚れがあったり散らかっていたりして、魅力を感じてもらえないことが原因かもしれません。
もう一度、整理整頓や掃除を念入りにして、もし自分できれいにできない場所があるときは、業者にクリーニングを依頼しても良いでしょう。


\お気軽にご相談ください!/

なかなか売れない不動産を売るためのポイントとは?

これまでにご説明した内容を踏まえると、不動産を売るための大きなポイントは、「適正な価格設定」と「物件を魅力的に見せること」だといえます。
「適正な価格設定」は、相場や査定額を基準にしながら、物件の状態なども加味して決めることがおすすめです。
また「物件を魅力的に見せること」では、大掛かりなリフォームなどはあまり必要ありません。
内見時に良い印象を与えられるように、掃除や整理整頓はしっかりとして、当日は「部屋を明るくする」「においが気にならないように換気する」などの細かい点にも気を配りましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

まとめ

不動産がなかなか売れないときは、原因を探して改善案を実行しましょう。
とくに価格設定は大きなポイントで、価格が不適切だとスムーズな売却は難しいかもしれません。
ですから、相場や査定額を参考にしながら、物件に見合った価格を考えましょう。
「不動産のスムスム (有)ナガイ」は福岡県北九州市を中心に不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、24時間不動産査定依頼を受け付けておりますので、ぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

093-616-7826

営業時間
09:00~18:00(時間外でも対応します)
定休日
水曜日(定休日でも対応します)

売却査定

お問い合わせ